見学希望者の、よくありそうな 質問コーナー

初めての楽団に見学に行くのは、謎だらけで不安。
そんな人達に、このコーナーでは、実際によくある質問から、今後聞かれそうな気がする質問まで、幅広くお答えしていきたいと思います。


Q1*入団の条件は何ですか?
Q2*希望パートの人数がいっぱいの場合、入団できないのですか?
Q3*経験はありますが、楽器を持っていません
Q4*初心者です
Q5*昔やっていましたがブランクがあります
Q6*費用はどのくらいかかりますか?
Q7*見学に行くと入団させられそうで怖いです
Q8*練習を見学したいのですが……
Q9*すべての練習に参加するのが難しいのですが……
Q10*練習だけの参加はアリですか?
Q11*市吹のタブーを教えてください
Q12*どんな演奏会がありますか?
Q13*どんな練習をしているのですか?
Q14*団費は何に使っているのですか?

Q1*入団の条件は何ですか?

年齢・経験・お住まいなどは問いません。東久留米市民以外の方でも大丈夫です。
ただし、原則として楽器をお持ちの方(打楽器を除く)で、ある程度キチンと練習に来れる方です。
そして何より、音楽が大好きで、練習に前向きに取り組めるヤル気のある方……が大前提です!

Q2*希望パートの人数がいっぱいの場合、入団できないのですか?

基本的に、「人数がいっぱいなので……」という理由で入団をお断りしたくはありませんが、各パートの状況によりますので、先ずは、お問合せください。
編成よりも、個人のヤル気を重視しています。

Q3*楽器を持っていません

大型の楽器、打楽器などは、東久留米市所有の楽器を借用しています。ただし、その時によって楽器の空き状況が変わるので、事前にお問合わせください。いづれにしても、マウスピースやスティック類、お手入れの小物や掃除道具などは各個人で準備していただくようになります。もちろん借用楽器を使っている間は、お手入れも各自で行っていただきます。
楽器は決して安いものではないと思いますが、いい物を選べば一生モンです。 予算がどうしても…、という方も入門用や中古、知り合いに譲ってもらう、などそれなりの入手方法もあろうと思います。 もちろん、高級な楽器は見ていると欲しくなってしまいますが、持っている楽器の値段と腕前は必ずしも…。
お問い合わせいただければ、初心者の方には楽器の選び方くらいはアドバイスできるかも・・・(別に楽器屋のまわしものではないですよ!!!汗)

Q4*初心者です / Q5*昔やっていましたがブランクがあります

管楽器は、趣味として始めるにはチョット時間がかかる方です。 扱い方などが楽器によってさまざまで複雑な点や、ある程度のレベル(曲が演奏できるよう)になるまでには 週に1、2回の練習(しかも合奏)ではキビしいものがあります。そして思ったよりも体力を使います(笑)。 しかも楽器高いし……。さらに期間が大きく開いてしまうと、「カン」を取り戻すのにけっこう時間がかかります(と思う)。
当楽団では、なるべく初心者の方も受入れて指導はしたいのですが、 いかんせん教える方の団員もフツーの社会人だったり主婦だったりするので、必ずしも「イチからお教えできる保証」 があるとは限りません。(“楽器教室”ではないので……)
初心者の方の場合には、できれば音楽教室に通いながら…、というのが理想的ですね。そのほうが早くみんなと一緒に楽しめるようになると思います。
ブランクというのは、人それぞれだと思いますので、その人なりにのんびり復活できる環境が作れれば、と考えています。 (ぶっちゃけた話、続けていても個人差はあるし‥‥)

↑質問一覧へ↑

Q6*費用はどのくらいかかりますか?

「団費」という形で、毎月徴収しております(「月謝」ではありません)。
これ以外では、チューニング用の教則本や譜面のコピー代(個人用)、演奏会用の楽団ロゴ入りポロシャツ代やお昼代位ですね。(^o^)/
他に、通常の練習場所や演奏会会場(東久留米市内)までの交通費、合宿費用(だいたい10,000円くらい/年1回)などです。 合宿の替わりに、集中練習と題して、地元で終日練習をする事もあります。
「演奏会費」(演奏会時に臨時で徴収される費用)やチケットのノルマなどはございません!(だって全部無料コンサートだも〜〜ん)
一般的に見ても団費・合宿費は安い方だと自負してたりします。(笑)
演奏会の衣装については、フォーマル的な時は、白シャツに黒のズボンなどです(各自調達)。カジュアルムードな時は、 楽団お揃いのポロシャツとジーンズです。自由な衣装(定期演奏会でのお色直し後)に個人的にお金をかけたい方は上限はございません。
「演奏会費」はありませんが、演奏会の打ち上げに個人的にお金をかけたい方も 上限はございません。 はっはっは・・・

↑質問一覧へ↑

Q7*見学に行くと入団させられそうで怖いです

無理強いはしません。あくまでも「見学」という形です。 見学してみて入団を希望するようであれば、『仮入団』と言う一ヶ月のお試し入団制度を設けていますので、 数回練習に参加してから、検討されてみてはいかがでしょうか?
ちなみにH26年度の見学者数は22名で、仮入団率54%、本入団率41%でした。高いのか低いのか…(笑)。
まれに、喉から手が出るほど人員の欲しいパートがありますが、趣味のサークル活動なので、 団長が夕飯おごったからって、ムリヤリ勧誘したりすることはありません。 ただ、さみしそうな目でジッと見つめてしまうかも知れませんが、許して...。

↑質問一覧へ↑

Q8*練習を見学したいのですが……

事前に来られる日時などを、ご連絡ください。通常19:30を過ぎると合奏に入ってしまうので、 その時間以前に起こし下さい。基本的には合奏を見学して頂いて、最後のミーティングで軽い自己紹介などしてもらいます。 持ち物などはとくに何もありませんが、すでに楽器経験のある方であれば、最初っから楽器を持ってきて練習に参加してもらっても構いませんよ。 もちろん初見になりますが、強烈な責任追及などはされませんのでご安心を(笑)
見学はいつでも受け付けています。でも……演奏会の直後は恥ずかしながら、あまりプレーヤーの 人数がそろいません(マジでショボいです)。演奏会の直前(1週間内)は、人数は多く、雰囲気は感じやすいですが、みんなテンパってます し、顔が鬼になってます(笑)。おススメは、演奏会の1ヶ月後から演奏会の1ヶ月前のあいだです。 練習場所と時間については練習日程のページを参考になさってください。

↑質問一覧へ↑

Q9*すべての練習に参加するのが難しいのですが……

毎週ほぼ2回の練習に加えて、本番前は臨時のパート練習などがある場合があるので、パーフェクトに出席できる人は、あんまりいません。また、学校やシゴト・家庭などが優先されてしまうのも当然の事です。
しかしながら、集団競技(?)である「楽団」という性質上、サウンドや技術面とのジレンマはありますが、そこらへんをうまく両立させるのが「アマチュア」の醍醐味だと思っていますので、できる範囲で頑張っていただけると嬉しいです。
だからといってハレー彗星のような周期で出席されても困っちゃいますが……

↑質問一覧へ↑

Q10*練習だけの参加はアリですか?

演奏会はほとんどが日曜日なのですが、おシゴトによっては日曜日は何があっても休めない方 もいます。また、「ただ楽器の練習がしたいだけ」という方もいるかも知れません。まれにこういったお問合せをいただきます。 「普段の練習を楽しむ」という観点からいくと、非常にムズかしい問題なのですが、現段階では 『演奏会』に照準をあわせて 練習していますので、ちょっとムリです。
楽団に在籍していて、たまたまその演奏会だけ都合で出られない…ってのは例外ですけどね。

↑質問一覧へ↑

Q11*市吹のタブーを教えてください

常識の範囲に介入してしまいそうで、あまり言いたくはないのですが……要するに過剰な物品販売や宗教活動、団員の引き抜きなど、楽団の趣旨から外れたり、たくさんの人に迷惑をかけたりすることは、ヤメテねってことです。。。
それ以外の面については、いわゆる「タブー破り」な人種の方が多いので‥‥(汗)

↑質問一覧へ↑

Q12*どんな演奏会がありますか? / Q13*どんな練習をしているのですか?

演奏会は、毎年7月に、年に1度の定期演奏会 ...一番、演奏時間が長いので曲も多くてしんどいです・・・(゚_゚i)タラー・・・。
東久留米市内の『滝山・前沢みんなの夏祭り』や『市民文化祭』での屋外・屋内演奏。楽団が加盟している文化協会主催の式典や演奏会。 吹奏楽連盟主催の合同演奏会。福祉施設・市内の小中学校などからの依頼演奏等などで、大小取り混ぜれば、年に7〜9回ぐらいあります。
コンクールを目指した練習はしていませんが、コンクール入賞団体出身者などはそこそこいます。(だからなんだって?)
演奏会ごとに、団員から曲のリクエストを出してもらい、一応会議らしきものをやって、曲決めをします。 決まった曲は、団で譜面を購入し、演奏会に向けての合奏練習が中心になります。
普段の練習は、ちらほらと集まった団員が、まず打楽器や椅子などの準備・セッティングを行い、 各自音出しなどをします。19:30頃からチューニング、基礎練習、合奏と続きます。合奏は21:30(場所によっては21:00)に終了し、 片付けの後ミーティング(10分程度)をして解散となります。
かいつまみ過ぎの説明です。詳しくは見学で!

↑質問一覧へ↑

Q14*団費は何に使っているのですか?

演奏会の会場費・練習の会場費・譜面の購入・舞台スタッフの人件費・PR(演奏会ポスター、 チラシ・プログラム)・運営に必要な事務用品、移動の時の楽器の運搬(2tトラック)などに使っています。
一番の「金食い」は譜面代や演奏会の照明さん等の人件費。ホント高い……(泣) 運営役員も指揮者も、実はボランティアだったんです!(泣笑)

↑質問一覧へ↑